Presious Wood

    長い年月を経て自然が育んだウッド。その中でも装飾性の高い杢目や柄文様のある希少価値の高いウッドを「プレシャスウッド」(銘木)と呼ばれています。見た目の美しさから古くからヴァイオリンをはじめとする洋楽器や家具、ステッキなどの素材として使用されてきました。また、永く使用することで、おもむきある表情が愛着へと変化します。天然素材独特の風格と気高い美しさが人々を魅了するラグジュアリーに相応しい素材です。

    ウッドとべっ甲の貼り合わせ

    べっ甲をベースに、プレシャスウッドを貼り合わせ、職人の技と美意識によって丹精込めて作られます。貼り合わせと言うと簡単に聞こえますが容易ではありません。ウッドの種類により、杢目や柄文様、反り、硬さなどそれぞれ特性が異なるため、経験と熟練した職人の技があってこそできる逸品です。一本一本手作りで作りあげるため、同じものが二つと存在しません。

     美しい模様

    プレシャスウッドにはそれぞれ個性があります。色の濃淡と交差する木理のある「花梨」、装飾性に富んだ斑紋杢のある「レースウッド」、最高位に君臨する、蛇の鱗のような美しい模様をもつ「スネークウッド」、べっ甲と相性のいい三種類のウッドを使用しています。

    [樹種]花梨(玉杢)
    [分布]東南アジア
    木肌の美しい表面を持ち、きれいな光沢が特徴で、古くから銘木として使用されてきました。
    非常に硬く乾燥にも強い為、主に床柱や高級家具などで使用されています。

    [樹種]レースウッド(斑紋杢)
    [分布]ヨーロッパ全域
    ヨーロッパに生育しているスズカケノキ科の木材に、柾目面の斑点のような装飾性の高い斑紋杢を成形したものがレースウッドと呼ばれ、ヴァイオリンなど高級洋楽器の最高材と知られています。

    [樹種]スネークウッド(豹麗木)
    [分布]南米ギアナ周辺
    幻の木と言われ、ステッキの最高材として知られています。極めて重硬で緻密な材の為、木のダイヤモンドと呼ばれています。
    世界最高峰のプレシャスウッドです。

    べっ甲のお取扱い方法
    べっ甲の取り扱い方法
    ・べっ甲は、天然素材のため色合い・硬さ等それぞれ異なります。二つとない個性としてご理解いただき自然の風合いをお楽しみ下さい。

    ・無理な負担をかけたり、衝撃・落下などは破損の原因となりますので丁寧にお取扱い下さい。

    ・温泉・サウナ・プールなどに入る際は必ずメガネを外して下さい。

    ・べっ甲の表面には素材の劣化を防ぐため、クリアコーティングを施していますが、長期間のご使用によってコートが劣化する場合がございます。 その際はすぐにご使用をやめ、コーティング修理を行って下さい。
    ページ上部へ戻る